<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< エコツアーのご報告と御礼 | main | 日釣振からのマブナ100キロを放流しました。 >>

特定外来種コクチバスの駆除作業が行われました

0
    集合写真10月27日火曜日に入間川の笹井堰上流にて刺し網による外来魚駆除が行われました。刺し網を使用した駆除では40尾のコクチバスが捕獲されました。最大は40センチでした。
    現在、入間川では全川に渡り特定外来種であるコクチバスが多数生息し繁殖しています。コクチバスはウグイ、オイカワ、アユなどの日本在来の魚類が食害され減少する原因になっています。入間漁協では本来の河川生態系に近づけるためさしあみこに、毎年コクチバスの駆除とともにナマズの稚魚を放流しています。
    埼玉県では外来魚のなかでもとくにコクチバス、オオクチバス、ブルーギル、チャネルキャットフィッシュの四種は釣り上げた場合の再放流(リリース)が禁止されています。ご協力いただけますようお願い申し上げます。
    バス集合写真

    40アップ

    バス計量
     
    入間漁業協同組合 * - * 22:46 * - * - * -
    このページの先頭へ