<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特定外来種コクチバスの駆除作業が行われました | main | 入間川、霞川で冬のカワウ駆除作業が始まりました! >>

日釣振からのマブナ100キロを放流しました。

0
    組合長、副組合長11月25日、公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部より入間漁業協同組合にマブナ(ギンブナ)100キロが寄贈されました。マブナは入間川、小畔川、不老川、霞川に分散放流されました。
    マブナは多くの釣り人から人気のかわいいお魚ですが、近年ではあまり姿が見られなくなっています。田んぼの減少、河川改修工事などによる自然
    産卵環境減少の影響もあって野生のマブナは減少しています。
    入間川本流実はヘラブナと違ってマブナはあまり養殖されていない魚種のため貴重なお魚です。手配していただいた日釣振の皆様には本当に感謝しなければなりません。そんな貴重なマブナの一部(約30キロ)を入間市のNPOの協力で11月30日まで蓄養飼育し、保育園の児童に放流体験をしてもらうことにしました。





    フランスの留学生園児の放流体験集合写真

    30日の月曜日に入間市の霞川ではおおぎ第2保育園の園児と保育士さんたちが小さなバケツに入れたマブナの放流体験をしました。最初は恐る恐るの子もいましたがみんな大切そうに魚を川に放してくれました。ちょうどフランスから保育実習で来日していた大学生のお嬢さんも「こんな魚初めてみるわ」と言いながら協力してくれました。
    この放流体験を通じて子供たちの川への関心が高まり、いつかまた自然豊かな故郷の川にマブナが戻ってくるようになるといいですね。(報告・吉田俊彦)


     
    入間漁業協同組合 * - * 19:19 * - * - * -
    このページの先頭へ