<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オイカワの産卵床造成と保護 | main | 特定外来種コクチバスの駆除作業を行いました >>

入間漁協主催のエコツアーが行われました。

0

    8月7日飯能市の入間川にて当漁協主催によるエコツアー、リバートレッキングと外来魚駆除体験の2つのツアーが行われました。当日はお天気にも恵まれ川に入るには最高の陽気になりました。流れに浸かると涼しく感じ川の中はこの時期でも熱中症とは無縁な世界が広がっています。成木川の合流地点から始まったリバートレッキングでは水辺の生き物を観察しながら川の中を下りました。ちょうど漁協の裏にある瀬では石をひっくり返すとヒゲナガカワトビケラやタニガワカゲロウといろいろな種類のヤゴそしてヒラタドロ虫などの水棲生物が観察されました。

    またコクチバスの幼魚も捕れたため埼玉県漁場管理委員会の指示の通り再放流しなようにしました。このような川のルールがあることを参加者の皆さんに知っていただくためにも良い機会となりました。駆除したバスはフライなどにしておいしくいただきました。白身で大変美味しい魚です。また外来種だけでなく在来種のコイやアユなどの魚を確認することができました。

    参加者の皆さん全員にライフジャケットを着用していただいたので、深い場所も安全に泳いで下ることができたと思います。これからご家族で川や海で遊ばれる時には是非ライフジャケットを着用していただきたいと思います。自然の川は危険もありますが生き物にあふれ楽しい場所です。是非油断することなく川に親しんでいただきたいと願います。大切なのは必要な装備と観天望気。周囲の天候の変化、特に上流の降雨や雷には敏感に早めに対応しましょう。ゴロゴロっと聞こえたら安全な場所に移動してくださいね。(報告=吉田俊彦)

     

    入間漁業協同組合 * - * 19:01 * - * - * -
    このページの先頭へ