<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 特定外来種コクチバスの駆除作業を行いました | main | 学童ウグイ放流体験報告・飯能市水辺環境保全事業 >>

第59回全国内水面漁業振興大会に参加しました。

0

    町田さん、川崎さん10月26日の水曜日、茨城県立県民文化センターにて全国内水面漁業協同組合連合会主催による第59回全国内水面漁業振興大会が開催されました。北は青森から南は鹿児島まで全国の川や湖沼での漁業を営む漁協の代表者や内水面漁業振興議員連盟の国会議員の皆さんや各省庁の関係者など300名近い関係者が集まりました。

    今回は水戸での開催ということで、茨城県知事も来賓としておいでになりました。また茨城県漁連がホスト役になって至れり尽くせりの大奮闘でした。茨城の皆様本当にご苦労様でした。


    中央ブロックさて、われらが埼玉県漁連からは入間漁協と秩父漁協が参加しました。当漁協の古島組合長は埼玉県漁連の会長として茨城県漁連会長、千葉県漁連会長と共に3名で構成する議長団の大役を果たし本大会における議事進行を務めました。

    今年は、〜「また来るね」もどりたくなる 川づくり〜 をスローガンに内水面振興法に基づいた施策の早期実現に向けた各議案が可決され、「一億総活躍社会」の実現に向けた地方創生のためにも漁場環境の再生や水産資源の回復にとりくむ趣旨の大会宣言がなされました。(報告=吉田俊彦)

    副組合長飯能から参加の平沼副組合長と土屋支部長
    片山さつき議員片山さつき衆議院議員も来賓としておいでになりました。

    遠くにいてもオーラが感じられました。さすがですね。
    会長非常に統率力のある全内漁連の宮越光寛代表理事会長です。
    議長団3名の議長団、右がわれらが古島組合長です。埼玉県漁連会長であり

    中央ブロックでも要職を兼任しています。このように入間漁協は全国の漁協との繋がりも重視した活動をしています。

     

    入間漁業協同組合 * - * 20:29 * - * - * -
    このページの先頭へ