<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 石倉の復旧作業報告・鰻生息環境改善支援事業 | main | 日釣振埼玉県支部の皆さんとオイカワ産卵床を作りました >>

河清掃活動とナマズ稚魚の放流

0

    名栗清掃16月の鮎解禁にともなって、入間漁協では流域各地で河川の清掃活動を行っています。この時期雑草でおおわれる河川敷を釣り人が通れるように草刈り機で除草したり、河川敷のゴミの回収も同時に行っています。4月には鮎稚魚、5月には鮎の成魚放流が行われ順調に育成しています。

    また鮎の放流だけではなく5月末には入間川の在来種であるナマズの稚魚放流が行われました。これは水田やそれに繋がる水路が減少しナマズの産卵場所が少なくなったことを補完しています。また入間川に多数生息する特定外来種の北米原産のコクチバスは鮎を食害することが分かっています。このコクチバスに対応する在来のフィッシュイーターとしてナマズの存在は特に重要だと考えられるようになりました。そして。近年ルアーフィッシングの対象魚として名栗清掃2ナマズ専門に狙うアングラーも増えています(特乙券が必要です。日釣700円、年券4000円)。トップウォータープラグやポッパーで釣ると楽しい魚ですね。人気のせいか若干ルアー釣りにスレて来ました。フライフィッシングで小さめのポッパーで狙っても楽しい魚です。(文と写真=吉田俊彦)

     

     

    名栗清掃3鮎釣りで人気の名栗地区の様子です。ポイントによっては魚の隠れ場所になるように川岸の草をわざと残してあります。多少釣り難く感じる方もおられると思います。ご理解、ご協力くださいませ。
    武蔵支部清掃1こちらは入間市と狭山市をつなぐ豊水橋下流の様子。釣り人が足を踏み外さないように除草しています。
    ナマズ放流毎年5月下旬にナマズ稚魚を入間川本流と小畔川に分散放流しています。写真は入間川笹井堰上流の様子。
    小畔川でナマズ小畔川でルアーでナマズを狙うアングラー。隠れたナマズの名所?です。
     

    入間漁業協同組合 * - * 17:19 * - * - * -
    このページの先頭へ