<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日釣振埼玉県支部の皆さんとオイカワ産卵床を作りました | main | カワウ対策に取り組んでいます! >>

石倉モニタリング報告

0

    再設置12月4日火曜日に漁業協同組合連合会による鰻生息環境改善支援事業のモニタリング調査が行われました。これは昨年から続いてどのような生き物が設置された石倉を利用しているかの実態調査です。今回の調査では残念ながらウナギは確認できませんでした。
    また石倉が設置された付近ではエビなどの甲殻類も多く確認され、多数のタモロコ、コクチバスの幼魚が採取されました。
    やはり石倉が多様な水棲生物の隠れ家として機能していることは間違いないでしょう。埼玉県内水面漁連の大友氏、埼玉県水産研究所の皆様には大変お世話になりました。

    作業2そして今回NPO法人オリザネットの斎藤代表と古谷事務局長にはヤゴなどの分類にご協力いただきました。とても勉強になりました。皆様に感謝申し上げます。(写真と文・吉田俊彦)

     

     

     

     

    梅沢、古島、古屋左から埼玉県水産研究所の梅沢所長、真ん中が我らが古島組合長、そして右がオリザネットの古谷事務局長です。
    農業NPONPO法人オリザネットの古谷事務局長と斎藤代表です。

    お二人は名前の通り、農業とりわけお米に関する用水路に生息する生物に精通しておられます。

    我々が分類できなかったヤゴ等にとても詳しく、勉強になりました。

     

     

     

     

     

    コオニヤンマなどコオニヤンマなど
    ヤゴさなえサナエとんぼの仲間
     

     


     

    入間漁業協同組合 * - * 11:21 * - * - * -
    このページの先頭へ