<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石倉モニタリング報告 | main | 「LOVEBLUE事業」孵化装置が名栗湖に到着! >>

カワウ対策に取り組んでいます!

0

    カワウ頭アップ入間漁協では、増えすぎてしまった「カワウのワナによる捕獲」を今年も行っております。これは埼玉県知事認可に基づいた調査捕獲です。捕獲したカワウはすべて検体として埼玉県水産研究所に送られます。入間川、霞川でワナに掛ったカワウを見つけた場合は近づかないで漁協事務局(042-973-2389)までご一報くださいませ。

    カワウのくちばしは大変鋭利で先端の曲がった刃物のようです。人の皮膚が簡単に切れるほど危険です。鳥インフルエンザなどの感染を防ぐためにも絶対に掛ったカワウに近づかないよう重ねてお願い致します。

    また埼玉県漁連、埼玉県水産研究所とも連携してカワウねぐらの調査および効果的な追い払いについても実証実験を行っていく予定です。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

    ドローン年末の笹井堰上流で行われたカメラ付きドローンでカワウの追い払い実験の様子。

    左から水産研究所の山田さん、埼玉県漁連の大友さん、そして水研の関森さんです。皆さん増殖し過ぎたカワウから埼玉県の在来魚類を守るために日夜努力されています。頭が下がりますね。
    逃げるカワウドローンが飛ぶと一時的に移動するカワウ。けれども翌日にはまた戻っていました。
    横風景1月23日、夕暮れ時の豊水橋上流部でニジマスの活き餌の置きバリワナに掛ったカワウ。
    カワウ入間川0123ペンギンみたいな配色ですがカワウです。計測すると全長約70僉開翌長140僉⊇鼎気2.2kgの成鳥でした。

     

    (写真と文=吉田俊彦)

    入間漁業協同組合 * - * 10:00 * - * - * -
    このページの先頭へ