<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「LOVEBLUE事業」孵化装置が名栗湖に到着! | main | 人工産卵藻に120万粒も産卵! >>

日釣振の皆さんとコイ・フナの人工産卵床を設置しました。

0

    4月16日火曜日、入間川笹井堰上流の黒須中学裏に公益財団法人日本釣振興会の皆さんとコイ・フナの人口産卵床を設置しました。日釣振の本部から高橋事務局長と下山専務がおいでになりました。また岡田埼玉県支部長並びに荒井役員も参加されました。ちなみに岡田さんはマルキューの社長さん。荒井さんはモーリスの社長さんです。

    さて、今回は加須市にある埼玉県水産研究所の全面協力のもとで人口産卵床に使用する人工藻をポリエチレンシートから切り出して秘伝の埼玉方式で手作りしました。3月27日は裁断と大釜での煮沸。場内で乾燥させてから4月12日に解しの作業を経て今回の設置となりました。流れのある水面への設置ということで木材をA型に組んで水位に合せて上下するようにしました。これは入間漁協のアイディアです。水研の山田さん、鈴木さん、関森さんほかの皆さんには本当にお世話になりました。

    また人工産卵藻の第一人者である埼玉県漁連の大友さんには貴重なアドバイスを頂きました。重ねて御礼申し上げます。入間川への設置の様子と試験場での作成の様子を併せてご覧ください。(報告、吉田俊彦)
    東京海洋大学の奥山先生(写真右)も駆けつけてくださいました。
    ※以下3月27日の試験場での産卵藻の作成作業の様子です。埼玉県ではホンモロコなどの人口産卵藻も同様の作成方法をとっています。ただし魚種によって適する長さが異なります。
    全てはこのポリエチレンシートの裁断から始まります。
    奥に見えるのが大釜。収縮させて卵が付着しやすいように縮れさせます。
    すぐに手前のバケツの冷水につけて冷やします。暑くて冷たくて結構ブラックな作業ですよ。
    天日に干してさらに表面をざらつかせることで卵の付着率が向上します。
    いつも優しい山口さん(左)、今年は白谷沢のイワナ調査やりましょう。お互い要ダイエットですね。(写真と文=吉田俊彦)
    入間漁業協同組合 * - * 08:46 * - * - * -
    このページの先頭へ