<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日釣振とオイカワ人工産卵床を作りました | main |

鮎のルアー釣り講習会が開かれました!

0

    飯田さん8月17日土曜日、飯能市の入間川でルアーによる鮎釣りの講習会が開催されました。これは今までとは違う新しい釣り方で、リールを使ったルアーキャスティングによる鮎釣りの講習会です。埼玉県水産研究所の皆さんが中心となって、埼玉県の河川に釣り人を増やしていく新たな試みとして試験的に入間川で開催されました。

    講師はルアーの世界では知らない人はいない重鎮、アングラーズリパブリック(現・株式会社パームスwww.palms.co.jp/blog/iida/)の飯田さんです。わざわざ入間川まで指導に来ていただき大変ありがとうございました。今回は川の状況があまり良くなかったのですが、また状況が良い時に教えていただきたいと思います。またご参加いただきました釣り人の皆様大変お疲れ様でした。入間漁協としても今後、遊漁規則などの整備も視野にこのような新しい釣りがスムーズに楽しんでいただけますよう協議してまいります。ご協力頂き講師をお引き受けいただきました飯田さん、そして開催にご協力いただきました上州屋狭山店様に重ねて御礼申し上げます。

    (写真と文=吉田俊彦)

    古島組合長左から古島組合長、真ん中が埼玉県水産研究所の山口さん、右が講師の飯田さんです。
    タックルは最初に飯田さんから、タックルの説明がありました。

    ロッドは海の小物用を転用可能。小型のスピニングリールにメインラインはPEの0,6号。リーダーはフロロカーボン糸の8ポンドを使用しているそうです。

    PEラインとリーダーの結びはファイヤーノットとのことでした。

     

     

     

     

     

     

    指導しています女性参加者にキャスティングデモンストレーションする飯田さん。
    飯田さん2テトラ周りの鮎を狙う飯田さん。
     

     

     

    入間漁業協同組合 * - * 17:28 * - * - * -
    このページの先頭へ