<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

人工産卵藻に120万粒も産卵!

0

    水がない続報です。4月16日に入間川笹井堰上流に設置された公益財団法人日本釣振興会本部事業による人工産卵床。実はその翌日の17日に笹井堰の突然の水位低下があり設置した2基の人口産卵床が地上に露出してしまいました。堰の水門が通常よりも大きく開いており笹井堰自体が空っぽになってしまいました。管轄の県土にも問合せ中ですが、何故そのような事態になってしまったのか今も分かりません。仕方なく18日早朝に露出した2基を水深のある場所に移動干上がったしました。その後水門が戻されたため20日には産卵床周辺の水位が戻ってきましたがコイが産卵する様子はありませんでした。

     

    変化が現れたのは日曜日、コイが再び集まり集団を作り始めました。22日月曜日は鮎の放流日。午前中、堰より1キロほど下流の霞川合流点付近で防鳥テープ張りの作業をしていたところに、堰上でコイがはたいているとの報。午後1時過ぎに現地に行ってみると4基全ての産卵床の人工産卵藻に多数の卵が移動しました。産み付けられていました。残念ながらコイの産卵の瞬間には立ち会えませんでしたが、50尾近いコイの大集団が人工産卵床の近くでとどまっているのが観察できました。びっしりと産み付けられた卵の数は膨大で想像をはるかに超えたものでした。

     

    今回の産卵数を把握し、今後の指導を受けるため23日火曜日の午後、埼玉県水研と漁連水産研究所の山口さんと埼玉県漁連の大友さんに現地を視察していただきました。実はこのポリエチレンの人工産卵藻の作り方を確立したのが大友さんなのです。お二人ともコイ科魚類の人工産卵に関してプロ中のプロなのです。産卵床の設置後の17日に堰の水門操作による急激な水位の変動あったこもお伝えました。山口さんによるとそのような急激な水位の変化は、もしかすると産卵行動の引き金になった可能性があるとのことです。産卵状況をご覧になった大高密度友さんは「すごい!これは大成功だ。95パーセントは受精している」とのこと。山口さんは「水位の変動する河川ではこの木材につるす方法が良かったですね。一つの産卵床で少なく見積もっても30万粒の卵が付いてますね」と言います。「4基すべてが同程度ついているので、全部で約120万粒の受精卵があると考えられます。私が保障します」と嬉しそうに宣言されました。

    本日24日の朝、多数の卵で黒い点々が見えるようになって来ました。待望の卵アップ発眼卵はとても可愛く感動的に見えました。(報告・写真と文=吉田俊彦)

     

     

     

     

     

     

    カウント作業水研の山口さんがサンプリングし卵数をカウントしています。
    本日24日朝の発眼卵。目が判りますか?
     

    ゴールデンウィークになってその後、、、、孵化しました!

    稚魚いました。いました。
    稚魚2小さいけれども元気に泳いでいます。
    知来川の中人工産卵床の産卵藻を確認すると、もう何も付いていません。チラカゲロウなどの遊泳型のカゲロウの幼虫が沢山隠れていました。付近に稚魚もいるのでもう少しこのままにしておきますね。この事業に関わってくれた皆さん、本当にありがとうございました。お陰様で大成功!です。また入間川が好きになりました。それではみなさんまた入間川でお会いしましょう♡


     

     

     

     

    入間漁業協同組合 * - * 10:59 * - * - * -

    日釣振の皆さんとコイ・フナの人工産卵床を設置しました。

    0

      4月16日火曜日、入間川笹井堰上流の黒須中学裏に公益財団法人日本釣振興会の皆さんとコイ・フナの人口産卵床を設置しました。日釣振の本部から高橋事務局長と下山専務がおいでになりました。また岡田埼玉県支部長並びに荒井役員も参加されました。ちなみに岡田さんはマルキューの社長さん。荒井さんはモーリスの社長さんです。

      さて、今回は加須市にある埼玉県水産研究所の全面協力のもとで人口産卵床に使用する人工藻をポリエチレンシートから切り出して秘伝の埼玉方式で手作りしました。3月27日は裁断と大釜での煮沸。場内で乾燥させてから4月12日に解しの作業を経て今回の設置となりました。流れのある水面への設置ということで木材をA型に組んで水位に合せて上下するようにしました。これは入間漁協のアイディアです。水研の山田さん、鈴木さん、関森さんほかの皆さんには本当にお世話になりました。

      また人工産卵藻の第一人者である埼玉県漁連の大友さんには貴重なアドバイスを頂きました。重ねて御礼申し上げます。入間川への設置の様子と試験場での作成の様子を併せてご覧ください。(報告、吉田俊彦)
      東京海洋大学の奥山先生(写真右)も駆けつけてくださいました。
      ※以下3月27日の試験場での産卵藻の作成作業の様子です。埼玉県ではホンモロコなどの人口産卵藻も同様の作成方法をとっています。ただし魚種によって適する長さが異なります。
      全てはこのポリエチレンシートの裁断から始まります。
      奥に見えるのが大釜。収縮させて卵が付着しやすいように縮れさせます。
      すぐに手前のバケツの冷水につけて冷やします。暑くて冷たくて結構ブラックな作業ですよ。
      天日に干してさらに表面をざらつかせることで卵の付着率が向上します。
      いつも優しい山口さん(左)、今年は白谷沢のイワナ調査やりましょう。お互い要ダイエットですね。(写真と文=吉田俊彦)
      入間漁業協同組合 * - * 08:46 * - * - * -

      「LOVEBLUE事業」孵化装置が名栗湖に到着!

      0

        水研のみなさん3月6日午前、新型のワカサギ卵の孵化装置が名栗湖畔のカヌー工房に運び込まれました。これは昨年、一般社団法人日本釣用品工業会(以下、日釣工)の社会貢献支援事業「LOVEBLUE事業」に入間漁協が応募し申請が日釣工に受理されスタートした新しい試みです。設置場所はNPO法人名栗カヌー工房さんの全面協力を頂いております。また運用管理に関しては埼玉県水産研究所(梅沢所長)のご指導の下で今月末より稼働する予定です。

        組み立て
        リンゴも手伝えます関係者の皆様の並々ならぬご支援とご厚意にこの場をお借りして重ねて御礼申し上げます。

        (写真と文 吉田俊彦)

        入間漁業協同組合 * - * 17:46 * - * - * -

        カワウ対策に取り組んでいます!

        0

          カワウ頭アップ入間漁協では、増えすぎてしまった「カワウのワナによる捕獲」を今年も行っております。これは埼玉県知事認可に基づいた調査捕獲です。捕獲したカワウはすべて検体として埼玉県水産研究所に送られます。入間川、霞川でワナに掛ったカワウを見つけた場合は近づかないで漁協事務局(042-973-2389)までご一報くださいませ。

          カワウのくちばしは大変鋭利で先端の曲がった刃物のようです。人の皮膚が簡単に切れるほど危険です。鳥インフルエンザなどの感染を防ぐためにも絶対に掛ったカワウに近づかないよう重ねてお願い致します。

          また埼玉県漁連、埼玉県水産研究所とも連携してカワウねぐらの調査および効果的な追い払いについても実証実験を行っていく予定です。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

          ドローン年末の笹井堰上流で行われたカメラ付きドローンでカワウの追い払い実験の様子。

          左から水産研究所の山田さん、埼玉県漁連の大友さん、そして水研の関森さんです。皆さん増殖し過ぎたカワウから埼玉県の在来魚類を守るために日夜努力されています。頭が下がりますね。
          逃げるカワウドローンが飛ぶと一時的に移動するカワウ。けれども翌日にはまた戻っていました。
          横風景1月23日、夕暮れ時の豊水橋上流部でニジマスの活き餌の置きバリワナに掛ったカワウ。
          カワウ入間川0123ペンギンみたいな配色ですがカワウです。計測すると全長約70僉開翌長140僉⊇鼎気2.2kgの成鳥でした。

           

          (写真と文=吉田俊彦)

          入間漁業協同組合 * - * 10:00 * - * - * -

          石倉モニタリング報告

          0

            再設置12月4日火曜日に漁業協同組合連合会による鰻生息環境改善支援事業のモニタリング調査が行われました。これは昨年から続いてどのような生き物が設置された石倉を利用しているかの実態調査です。今回の調査では残念ながらウナギは確認できませんでした。
            また石倉が設置された付近ではエビなどの甲殻類も多く確認され、多数のタモロコ、コクチバスの幼魚が採取されました。
            やはり石倉が多様な水棲生物の隠れ家として機能していることは間違いないでしょう。埼玉県内水面漁連の大友氏、埼玉県水産研究所の皆様には大変お世話になりました。

            作業2そして今回NPO法人オリザネットの斎藤代表と古谷事務局長にはヤゴなどの分類にご協力いただきました。とても勉強になりました。皆様に感謝申し上げます。(写真と文・吉田俊彦)

             

             

             

             

            梅沢、古島、古屋左から埼玉県水産研究所の梅沢所長、真ん中が我らが古島組合長、そして右がオリザネットの古谷事務局長です。
            農業NPONPO法人オリザネットの古谷事務局長と斎藤代表です。

            お二人は名前の通り、農業とりわけお米に関する用水路に生息する生物に精通しておられます。

            我々が分類できなかったヤゴ等にとても詳しく、勉強になりました。

             

             

             

             

             

            コオニヤンマなどコオニヤンマなど
            ヤゴさなえサナエとんぼの仲間
             

             


             

            入間漁業協同組合 * - * 11:21 * - * - * -
            このページの先頭へ